当社の強み

これが当社の#400です。 掲載した写真は、当社が大阪地域資源創造プロジェクトである「和鶴ブランド」のために製作しているワインクーラー。実はこれもバフ研磨#400で磨かれています。
いかかですか?当社のバフ研磨#400は食卓だって飾れます。見た目に美しく、製缶品質などにも大きく貢献。下の写真を見比べて下さい。当社のバフ研磨#400はまるで鏡のようだとは思いませんか?

通常のバフ研磨#400
よく見ると研磨跡を確認することができます。
これが一般的な#400と言われているレベルです。
これだけ研磨跡があると、洗浄時に汚れが付着し、 雑菌繁殖の恐れが発生するため、よけいな洗浄の手間が生じます。

当社のバフ研磨#400
まるで鏡のような輝きです。
同じくワインボトルを映した 隣の#400と比べて下さい。当社では、こうしたバフ研磨を お客様との綿密なコミュニケーションから生み出します。
当社のバフ研磨#400は、ステンレスに残る研磨跡がほとんど残らないため、 液体を流した後の洗浄がスムーズに行え、清潔さも保ちます。
食品・薬品などデリケートな製缶を請け負われている製缶会社様様の価値向上に必ず貢献します。

本当のバフ研磨#400を知っていますか?

製缶の美観はもちろん、洗浄時の汚れ・雑菌の付着を最小限に抑えることができます。
比べて下さい。これが当社のバフ研磨#400です。

加工釜バフ研磨 #400 ホッパー内 バフ研磨 #400
羽根 バフ研磨 #400 花器 バフ研磨 #400

こんな損はしていませんか?

  • 御社の高い製缶技術が生かされていない
  • 「番手が上がる」というだけで、バフ研磨業者に多くの費用を支払っている
  • 磨き直しを要求されるなど、クライアントからの信頼をいまひとつ得られていない

当社のバフ研磨#400で次のことが実現できます。
缶洗浄時の雑菌や汚れの付着を最小限に抑制できます。
美しいバフ研磨で美観を保つことができます。

当社のバフ研磨#400は「5つの徹底」から生まれています

お客様の理想のバフを訴求

日々のたゆまぬ研究

過去の豊富な経験

職人への指導と社内管理

安全・清潔・快適な職場環境

当社のバフ研磨#400を採用いただければ、「誰が見ても納得の高品質」でクライアントからの信頼獲得間違いありません。 口コミでご注文いただいた新規のお客様にも、バフ研磨#400のコストパフォーマンスを実感いただいています。
さらにバフ研磨#400以上#600までや#200から#350・ヘアライン仕上げ等もお客様納得の高品質をお届けしています。


tel 06-6467-7707 fax 06-6467-7708

お問合わせフォーム

ページトップへ

バフ研磨・製缶・溶接なら
阪神西淀化工(旧:阪神技研)
〒555-0001
大阪市西淀川区佃6-9-2
TEL:06-6472-3687
FAX:06-6472-5316


ホームページ作成 ウィザード